IT資産スリム化可視化サービス

既存システムのブラックボックス状態を解消しAIやクラウドなどのデジタル技術を駆使しながら顧客、市場の変化に迅速・柔軟に対応することが求められています。

サービス概要

現行システムのスリム化・可視化で 一気にIT戦略を加速させ、システムの属人化・老朽化など様々なトラブルから効率的に脱却するご支援をします。

アプリケーション資産調査

資産の稼働状況を調査し、アプリケーション毎の分類を実施

調査・分析

資産の運用状況をヒアリング・調査し稼働状況の分類。運用調査の結果を元に、ツール分析運用分析の両面から解析し、機能を分類

スリム化・可視化の実施

資産の稼働状況、運用状況からスリム化・可視化の実施

こんなことお困りではないですか?

スリム化・可視化するべき2つの理由

ソフトウェア資産のTCOの削減

Conceptual image of businessteam working cohesively. Interaction and unity

システム資産の規模・構造の可視化によって、短期間で既存システムの現状把握。

また、当サービスによって保守・運用工数が削減され、新システムを検討する際の機能差異分析・検討作業のコストを削減。

※TCO:総保有コスト

経営への貢献

close up of businessman hand working on laptop computer with business graph information diagram on wooden desk as concept

当サービスを利用することにより、データ構造を可視化することで、新たなビジネスモデルへのシステム対応に柔軟・迅速に対応可能。さらにBIツールを導入することでリアルタイムな経営資料をスピーディに作成。

スリム化・可視化 成功事例

図1
Businessman being depressed by accounting in his office

サービス導入前の課題

Businessman being depressed by accounting in his office

既存システムが部署ごとに構築されており、会社横断的な連携・データ活用が行われておらず、過剰なカスタマイズやデータ未整理によりシステムが複雑化・ブラックボックス化。また、IT人材不足のためシステム業務が属人化している。

picture6_1

運用コスト65%削減

picture6_1

ブラックボックス化を解消し大幅に
ランニングコストを削減。既存システムのデータを活用可能な状態に。

picture6_2

移行期間を1/2に削減

picture6_2

スリム化されたデータを活用することで
移行作業はもちろん、スピーディな方針 転換やグローバル展開が実現可能に。

picture6_3

運用保守人材を2/3に削減

picture6_3

複雑化していたシステムの保守・運用に割かれていた貴重なIT人材の“浪費”をなくし
新たなビジネスモデルの創出に注力可能に。

資料ダウンロード

マイグレーションをご検討中のお客様へ

IT資産のスリム化・可視化を行った後は、オープン環境等へのシステムのマイグレーションのご支援も可能です。詳しい情報はこちらからご確認ください。