事業主行動計画の公表について

事業主行動計画の公表について

株式会社ソフトテックスは、次世代育成支援対策推進法に基づき「事業主行動計画」を公表いたします。
株式会社ソフトテックスは、女性活躍推進法に基づき「事業主行動計画」を公表いたします。

次世代育成支援対策推進法とは

次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、2005年4月1日から集中的かつ計画的に取り組んでいくためにつくられたものです。

女性活躍推進法とは

仕事で活躍したいと希望するすべての女性が、個性や能力を存分に発揮できる社会の実現を目指して、2016年4月に施行された法律です。

次世代育成支援対策推進法に基づく 株式会社ソフトテックス行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、
すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 2022年1月1日~2023年12月31日まで
2.内容

 【目標1】
  育児休業の取得の促進

 [手段]
  ・2022 年 3 月~ 育児介護休業法改正のポイントの全社通達もしくは教育
  ・2022 年度中 ~ 社内報にて、過去に育休を取得した社員の育休記事を掲載

 【目標2】
  本人または配偶者が出産をする労働者に対する育児休業取得の 個別の意向確認措置

 [手段]
  ・2022 年 1 月~ 意向確認方法、周知方法の決定
  ・2022 年 4 月~ 対象社員を把握した際に意向確認・周知を実施


 【実施済みのわが社の両立支援の取り組み】
  ・フレックスタイム制導入
  ・短時間勤務の範囲拡大(小学校4年生に上がるまで可能に)
  ・多残業者の洗い出しと再発防止・抑止
  ・産育休・介護休者取得者向けの手続きフローの作成
  ・育児と仕事の両立に関する相談窓口の設置
  ・テレワーク制度の導入

女性活躍推進法に基づく 株式会社ソフトテックス行動計画

 女性が安心して働き続けることができる環境を整えるため、次のように行動計画を策定する。

1:計画期間 
  2019年11月1日~2022年3月31日

2:当社の課題
  男性と比べ、平均勤続年数が劣っている(男性13年、女性8年)

3:目標 
  女性の平均勤続年数を9.0年(※1)に引き上げる
  ※1 1年で0.3年増加が平均(厚生労働省「賃金構造基本統計調査」平均勤続年数データより)


4:取り組み内容と実施時期
  【取組1】 フレックスタイム制のコアタイムの見直し 
        ⇒柔軟な働き方をより拡大することにより働き方が合わずに離職となるケースを防ぐ

  2020年4月1日~2020年6月30日  現状分析
  2020年7月1日~2020年10月31日  改善案検討
  2020年11月1日~2020年12月31日 規定改訂(改訂の場合のみ)
  2021年1月1日~          運用開始(改訂の場合のみ)

  【取組2】 満足度調査分析をする(ただし対象は全社員向け) 
        ⇒女性にとって働きやすい職場とは何か把握できていないため把握する

  2019年11月1日~2019年12月31日 満足度調査アンケート結果集計・課題解析
  2020年1月1日~2020年3月31日  改善方法検討
  2020年4月1日~          改善開始(改善すべき事項があった場合)